オススメ記事

  1. SATOMACHI IZUMI
  2. オススメ記事
  3. 和泉市にある、行ってみたい オシャレカフェ特集!
\ SPECIAL CONTENTS /
和泉市にある、行ってみたい オシャレカフェ特集!

和泉市にある、行ってみたい
オシャレカフェ特集!

大阪・和泉市は難波から直通電車で30分の立地の良さ。
買い物に便利な街なのに自然も多く残ることから「トカイナカ」と呼ばれています。
そんな和泉市にはわざわざ行きたくなる、オシャレなお店がたくさんあるんです。
特に、お休みの日にゆっくりとした時間を過ごしたくなるような「カフェ」や、一口食べると幸せな気分になれるような美味しい「パン屋さん」が集まっているんです。
数あるお店の中から、おすすめのお店をピックアップしてお届けします!

INDEX

和泉市のおすすめカフェ

全席ソファ席の大人カフェ『CAFE MANO』

CAFE MANO イメージ1

閑静な住宅地の中に突然現れる白い大きな建物。「MANO」の文字が目印なのは『CAFE MANO(カフェマーノ)』です。地元の方々にも人気のカフェで、オープンと同時に次々とお客さんお姿が。

CAFE MANO イメージ2

大人気の看板メニュー「ロコモコプレート(1,100円ドリンク付き)」です。ソースがたっぷりとかかったボリューム満点のハンバーグに食欲がそそられます♪

CAFE MANO イメージ3

あまり他所では見たことのないような、とってもかわいいラテアートも人気ですよ!
1テーブルにつき、すべて違うラテアートを用意してくれるのでなにがくるかはお楽しみです♪

CAFE MANO イメージ4

木のぬくもりを感じる店内は、広々としていてゆったりとした空間。全席ソファ席なのもうれしいですね。お気に入りの本を片手に、ゆっくり一人の時間を楽しみたい方にもおすすめです。

CAFE MANO (カフェ マーノ)

営業時間
【月・水木金】12:00〜17:00、19:00〜23:00
【日】11:00〜22:00
【祝】12:00〜22:00
※【月・水木金】の17:00〜19:00はクローズタイム
定休日
火曜日
電話
0725-55-4540
住所
大阪府和泉市万町242-1
アクセス
泉北高速鉄道『和泉中央』駅より徒歩10分

フワッフワのたまごサンドが楽しめる『IZ珈琲』

IZ珈琲 イメージ1

広々とした駐車場があり、アクセスも良い『IZ珈琲(イズコーヒー)』
本格的なコーヒーによく合うメニューが数多く、朝の8時からオープンしているので優雅な朝食にもぴったりなお店。

IZ珈琲 イメージ2

IZ珈琲の名物メニューといえばボリューム満点の「IZたまごサンド(単品700円/セット1,000円)」。
パンの厚みもたっぷりですが、それ以上に玉子のボリュームが素晴らしい。食べ応え十分なのでランチにもOKです!

IZ珈琲 イメージ3

世界中から厳選された珈琲豆が使用されるIZ珈琲。中煎り焙煎されコクと酸味のバランスがちょうど良い、美味しく飲みやすい珈琲を頂けます。ラテアートもかわいい。
8時のオープンから9時までに単品ドリンクを注文した方には、ゆで卵とトーストが無料でついてくるサービスもあります。

IZ珈琲 イメージ4

広々とした店内にはテーブル席、カウンター席、個室(前日までに要予約)、テラス席など合わせて100席。その日の気分で色んな楽しみ方が出来ます。
毎月12日は「IZの日」となり、特別価格となるメニューもあったりとお得な一日。きっと素敵なカフェタイムを過ごせることかと思います。

IZ珈琲 (イズコーヒー)

営業時間
8:00〜18:00
定休日
不定休※基本的には元旦以外営業
電話
0725-56-3887
住所
大阪府和泉市万町60-6
アクセス
泉北高速鉄道『和泉中央』駅より徒歩12分

おとぎ話の国のレストラン!?『Mamma Pappa』

Mamma Pappa イメージ1

おとぎ話の世界に出てくるような建物『Mamma Pappa(マンマパッパ)』は、ヨーロッパの田舎をモチーフにし、花と緑に囲まれています。
化学調味料は一切使わず、身体にいいものだけという想いがこめられたお料理がいただける、ランチタイムのみの営業の洋風レストランです。

Mamma Pappa イメージ2

ランチメニューももちろんなのですが、ファンが多いのがランチセットについているフォカッチャとバケット。自家製のパンメニューも人気になったために、パンのみの販売も行うようになりました。

Mamma Pappa イメージ3

ピーターラビットの世界観を味わえるような、隅々まで可愛さが詰まった店内に、きっと癒されること間違いなしですよ。

Mamma Pappa (マンマパッパ)

営業時間
11:00〜15:00(l.o.14:15)
定休日
月曜日(祝日月曜営業、翌火曜日休)
電話
0725-55-7053
住所
大阪府和泉市池田下町1095-1
アクセス
泉北高速鉄道『和泉中央』駅より徒歩17分

“すてきなじかん”を実感するカフェ『辻本珈琲』

辻本珈琲 イメージ1

『辻本珈琲』は、オリジナルブランドのスペシャルティコーヒー豆やコーヒー器具などをオンライン販売するお店でした。2017年にその場で淹れたての珈琲が飲める場所として実店舗がオープン。

辻本珈琲 イメージ2

「珈琲(500円~)」は様々な種類がいただけ、こちらはコスタリカプエンテタラスというコーヒー。苦みがなく、砂糖を入れずブラックでも飲めるコーヒーでした。
お店の方が気さくに珈琲についてお話をしてくださり、珈琲の奥深さ、楽しみ方も教えていただけますよ。

辻本珈琲 イメージ3

人気の『ぱんじかん』は、クロワッサン、クリームパン、バケット、ジャムトーストに合う本格ドリップバッグコーヒーです。
パン好きさんにも本当に嬉しくてたまらない商品。

辻本珈琲 イメージ4

広々とした窓から陽光がさしこみ、どこかゆったりとした時間が流れるような店内。
様々なコーヒー関連の道具やグッズが並び、珈琲を愛する方にはたまらない空間です。

辻本珈琲 (ツジモトコーヒー)

営業時間
11:00〜17:00
定休日
日曜日
電話
0725-54-3017
住所
大阪府和泉市春木町1156-1
アクセス
春木北バス停徒歩3分

姉妹で営む!手作りカフェ『CAFE BONSBONS』

CAFE BONBONS イメージ1

ガラス張りの可愛らしい外観、お店前に飾ってある植木もステキな『CAFE BONBONS(カフェボンボン)』です。
なんとこのお店、とっても素敵な仲良し姉妹お二人で営業されています。

CAFE BONBONS イメージ2

かわったフォルムをしているこのケーキ?なんと大人気メニューの「さつまいもプリン(400円)」です。
さつまいものプリンってどんなの??と、一口頂だき食べると…とっても濃厚で美味しいプリン!生クリームの上品な甘さも手伝ってとっても幸せな気分になれるスイーツです。

CAFE BONBONS イメージ3

甘いドリンクがお好きな方はホイップがのった「キャラメルホイップ(550円)」で一息してはいかがでしょうか♡♡
月ごとのランチメニューや自家製タルト、パフェなど人気メニューが数多く、お子様連れのママさんたちにも人気のお店。季節によってかわる自家製ソーダもおすすめですよ!

CAFE BONBONS イメージ4

店内の様子も素敵。実は椅子やテーブル、お店そのものがすべて手作りなんです。飾ってある写真や家具はお二人のお兄さん作。兄弟愛を感じる店内で、きっと素敵な時間を過ごせますよ。

CAFE BONBONS (カフェボンボン)

営業時間
9:00〜18:00
定休日
火曜日
電話
070-5653-0736
住所
大阪府和泉市和田町406-1 エイトワン光明台 1F
アクセス
泉北高速鉄道『光明池』駅より徒歩21分
南海バス天野山1 『公団西口』より徒歩4分

窓から四季を感じながら元気飯『こゆき食堂』

こゆき食堂 イメージ1

白壁にシンプルな木枠のドア。とってもオシャレな雰囲気漂う『こゆき食堂』は、ガレージ倉庫が並ぶ一角に突如あらわれるカフェなんです。

こゆき食堂 イメージ2

こゆき食堂のランチはボリューム満点。しっかり食べて元気になって欲しいという想いがこめられた「こゆき飯(1,300円)」は、絶対に美味しい輝きを放つ豚の照り焼き。
三重県から取り寄せられる豚肉は肉厚でジューシー。ご飯が進む色とりどりの小鉢も本当に美味しくて素敵です。

こゆき食堂 イメージ3
季節の手作りロールケーキ(450円)

スイーツも人気のこゆき食堂。「季節の手作りロールケーキ(450円)」は、フワフワ生地の上に大納言大豆をじっくり煮たあんこにくるみがのり、甘さ控えめな感じがまたおすすめです。

こゆき食堂 イメージ4

『自宅のリビングのような』がコンセプトのこゆき食堂。どこか落ち着くこの空間の正体は、あえてカフェっぽい家具を使わず、普段使いされている物を選んでいる為。
大きな窓からは桜の木々を眺めることができ、季節に応じて色んな景色を楽しむことが出来る、トカイナカ和泉市ならではのおすすめカフェです。

こゆき食堂

営業時間
11:00〜16:00
定休日
不定休
電話
0725-24-2982
住所
大阪府和泉市下宮町93-1
アクセス
泉北高速鉄道『和泉中央』駅より南海バス父鬼線・槙尾
山口行「下の宮」下車すぐ

山奥にバーガー屋さん!?『KGC. FOREST BRIDGE』

KGC FOREST BRIDGE イメージ1

「KGC. FOREST BRIDGE (ケージーシーフォレストブリッジ)」は、「阿弥陀寺」そばにある穴場カフェなのですが、遠方よりも通う方が多い人気のお店です。

KGC FOREST BRIDGE イメージ2

おすすめメニューは天然酵母のこだわりカンパーニュにローストビーフが贅沢にサンドされた「Roast beef campagne +フレンチフライ(1,300円)」。フレッシュな野菜と中に隠れているクリームチーズがお肉と絶妙にマッチ。自家製ローストビーフのしっとり柔らかな食感、口に含めばお肉の旨味が広がり絶品です。

KGC FOREST BRIDGE イメージ3

自然に囲まれたお店と同様に、店内にもどこかゆったりとした時間が流れているようです。
こちらでは内装や調度品のほとんどが店主さんによって手作りされたもので、繊細でいてセンスの良いそれぞれを眺めているだけでも癒されてくるようです。

KGC FOREST BRIDGE イメージ4

“いままでの田舎”ではなく、田舎ならではの良さを上手く利用した“これからの田舎”をモチーフとされたお店。こちらも和泉市ならではの、緑に囲まれた自然の豊かさを感じる事の出来るおすすめのカフェです。

KGC. FOREST BRIDGE (ケージーシーフォレストブリッジ)

営業時間
11:00〜15:00
定休日
木曜日
電話
0725-99-0212
住所
大阪府和泉市大野町662
アクセス
「阿弥陀寺」近く/「大野」バス停下車すぐ(本数少なめ)

これぞ“お洒落!”カフェ『ANTIQUA TREE CAFE』

ANTIQUA TREE CAFE イメージ1

和泉市のおしゃれカフェの代名詞と言えるくらい有名なお店が、外観もとってもスタイリッシュな『ANTIQUA TREE CAFE(アンティカツリーカフェ)』です。
カフェ&レストランの他にも、アパレル、家具、雑貨と様々なジャンルが揃うお店。店内にはキッズスペースも完備されているので小さいお子様を連れたご家族も過ごしやすくなっています。

ANTIQUA TREE CAFE イメージ2

スイーツメニューも充実。見た目のインパクトもたっぷりな「純正生クリームたっぷりのプレーンシフォンケーキ(880円)」。
1日20食限定の人気メニューで、甘さ控えめな上品なクリームのお味にハマる方続出の食べるべき一品です。

ANTIQUA TREE CAFE イメージ3

どこを見てもオシャレの一言。一日中ずっと過ごしていたくなるような空間です。
店内の家具や照明などなど、実際に販売されている調度品もあるんです。きっとお家をどんどんステキな空間にしたいという夢が膨らんできますよ。

ANTIQUA TREE CAFE イメージ4

ANTIQUA TREE CAFEでは、『antiqua』というブランドの洋服販売も行っています。主にアシメ、変形のお洒落アイテムが特徴的。カフェではなく服を目当てに来店される方もたくさんいらっしゃいます。
服もアクセサリーも家具も見ることの出来る素敵な空間。本当に一日中過ごせてしまう、そんなお店です。

ANTIQUA TREE CAFE (アンティカツリーカフェ)

営業時間
【月水木金】モーニング 9:00〜10:30
ランチ 11:00〜14:30 / カフェ 14:30〜16:30

【土】モーニング 9:00〜10:30
ランチ 11:00〜14:30 / カフェ 14:30〜18:00
ディナー 18:00〜22:00
定休日
火・日曜日、第3土曜日
電話
0725-53-0200
住所
大阪府和泉市はつが野3丁目13-4
アクセス
泉北高速鉄道線『和泉中央』駅より徒歩30分
南海バス(81)はつが野線『はつが野3丁目』下車より徒歩1分

食を見直すきっかけをつくる『Cafe TENTO』

Cafe TENTO イメージ1

仏並町の大畑町民館の裏手、古民家カフェの佇まいである「Cafe TENTO(カフェテントウ)」。
『お天道さん(太陽)のように老若男女みんな平等に。やさしさや温もりを感じほっこりとできる空間になりますように』という意味がこめられた店名で、高齢化が進むこの地域の活性化を考えられたカフェでもあります。

Cafe TENTO イメージ2

『TENTO』の人気ニューは、おかずが沢山つまった健康プレート「薬膳ランチプレート(1,280円)/デザートセット(1,980円)」。
小豆と塩を入れて炊いた玄米を3日間熟成させた酵素玄米が使われた、食べて健康になれるメニューなんです。
実は過去、大病にかかったオーナーさんを回復させたのがこの薬膳料理だというのです。身をもって食の大切さに気づき、『Cafe TENTOを通して食を見直すきっかけになって欲しい』という強い願いがメニュー全てに込められています。

Cafe TENTO イメージ3

TENTOでは、色々な種類が揃えられた珈琲にもこだわりが詰まっています。なかでも珍しい「珈琲豆茶(450円)」は焙煎をする前の生豆を砕いたものに、洗双糖と豆乳を混ぜたドリンクです。
珈琲かと思いきや、飲むと全く違う味!生豆の香りがフワっと漂うほんのり甘い、ほっと癒されるドリンクです。

Cafe TENTO イメージ4

広々とした店内には、ゆったりとしたソファスペースをはじめ、テーブル席、お子様も安心して遊んでいられるキッズスペースも設けられています。
まるで「おばちゃんの家に遊びに来たような」感じもする雰囲気に、隣り合わせたお客さんたちが仲良くなっていることも珍しくないんだそうです。人と人とのつながりを生むイベントも多く開催されているCafe TENTO。優しい時間を過ごしたい方にオススメです。

Cafe TENTO(カフェテントウ)

営業時間
9:00〜16:00
定休日
不定休
電話
0725-92-1655
住所
大阪府和泉市仏並町805
アクセス
泉北高速鉄道線『和泉中央』駅より南海バス「父鬼」
「槙尾山口」行き 「槙尾山口」下車徒歩4分

自然に囲まれた癒しカフェ『花菜 おに工房』

花菜おに工房 イメージ1

市街地から離れた山奥に、日々たくさんのお客さんを呼ぶ『花菜 おに工房』。うっそうと茂る木々に囲まれ、美味しい空気を胸いっぱいに吸うことが出来ます。

花菜おに工房 イメージ2

こちらは栄養満点の多種にわたるおかずがのったランチプレート「スモークチキン(1,900円)/ケーキセット(2,100円)」です。
『花菜 おに工房』では、店主さん手作りの石窯「おにっ子窯」を使い、パンを焼いたり薫製を作ったり…よそではマネの出来ない調理法で風味豊かな本当に美味しいメニューがいただけます。

花菜おに工房 イメージ3

ランチメニュー以外にも、サンドイッチやスイーツまで人気のメニューが豊富な『花菜 おに工房』。
「ケーキの盛り合わせ(800円)」は、ふわふわのパウンドケーキをはじめ季節のフルーツも盛りだくさんです。

花菜おに工房 イメージ4

お店のすぐ裏手には小川が流れ、この川を眺めながら食事が出来るテラス席が現在制作中となっています。
マイナスイオンをたっぷりと浴び、身も心も洗われる…そんな時間を過ごせるカフェですよ。

花菜 おに工房(HANANA)

営業時間
【平日】9:00〜17:00【土日祝】9:00〜18:00
※メニューがなくなり次第終了
定休日
火曜日(但し祝日は営業)
電話
06-6940-7983
住所
大阪府和泉市春木川町97-1
アクセス
南海バス 春木川線41西谷口より徒歩5分

まとめ

トカイナカの和泉市には、美味しそうなカフェがこんなにもたくさんあるんです。
どのお店も個性豊かでファンが多いのも納得です。どこのお店も車があれば十分な距離なので、ドライブ気分で和泉市グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

オススメ記事一覧ページ