イベント

  1. SATOMACHI IZUMI
  2. イベント
  3. 平成29年度冬季企画展 1月20日(土)~3月31日(土)開催!【かけがえのない文化財を守る、伝える -大阪における歩みと展望-】~大阪府立弥生文化博物館~

平成29年度冬季企画展 1月20日(土)~3月31日(土)開催!【かけがえのない文化財を守る、伝える -大阪における歩みと展望-】~大阪府立弥生文化博物館~

”大阪”の地では、今日に至るまでの長い歴史のなかで、地域に根付いた文化がはぐくまれ、人々が寄り添う自然や景観は受け継がれてきました。大阪府教育庁文化財保護課は、これまで半世紀にわたって、かけがえのない文化財を守り、伝えてきました。
本展では、これまでの歩みを紹介するとともに、これからの半世紀に向けた新しい文化財保護のあり方、その展望を皆さんと共に考えたいと思います。

◇会場
 大阪府立弥生文化博物館 特別展示室 

◇日時
 2018年1月20日(土)~3月31日(土)
 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

◇休館日
 毎週月曜日 (2月12日は開館し翌13日休館)

◇入館料
 一般430円 / 65歳以上・高大生330円
      ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
         20名様以上の団体は団体割引料金

≪冬季企画展講演会≫
◇時間: 午後2時~午後3時30分
◇参加費: 無料 (入館料は必要です)
◇定員: 各回とも170名 (当日先着順 開館時より整理券配布、開演30分前から受付)

■第1回 2月10日(土)
 井藤徹(日本民家集落博物館長)・森屋直樹(大阪府教育庁文化財保護課長)・秋山浩三(本館副館長)
 「大阪府における埋蔵文化財行政の50年」

■第2回 2月25日(日)
 田邉征夫(公益財団法人大阪府文化財センター理事長) 
 「文化財の保護から活用へ」

■第3回 3月3日(土)
 櫻井敏雄氏(公益財団法人和歌山県文化財センター理事長)
 「大阪府の社寺建築 ーその特質と保護の歩みー」 

≪学芸員による展示解説≫
◇2月10日(土)、2月25日(日)、3月3日(土)
◇時間: 午前11時~ (約1時間)
◇参加費: 無料 (入館料は必要です)

≪文化財保護課池上収蔵庫 特別公開≫
 「もうひとつの、遺跡の発掘50年」 企画展で展示できなかった埋蔵文化財(考古資料)を日替わりで展示

■第1回 2月4日(日)      百済寺跡
■第2回 2月17日(土)    雁屋遺跡 
■第3回 3月24日(土)  はざみ山遺跡

 各回とも午前10時~午後4時 (弥生博西隣、入場無料)

≪弥生フェスティバルのお知らせ≫
◇連続講演会
 3月21日(水・祝) 首都大学東京名誉教授  小野昭氏
   「世界旧石器時代の骨角器文化」

 3月22日(木)    国立歴史民俗博物館准教授  工藤雄一郎氏
   「旧石器時代の環境文化史」

 3月27日(火)    岡山大学名誉教授  稲田孝司氏
   「日本列島における人類と文化の起源」

 3月28日(水)    国立歴史民俗博物館名誉教授  春成秀爾氏
   「世界と日本の旧石器時代女性像」

◇ワークショップ  3月24日(土)・3月25日(日)

 

★『大阪府立弥生文化博物館』について詳しくは、下記のホームページをご覧ください。

http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/tokubetsu/index.html

 

 

 

 

場所 大阪府立弥生文化博物館
日程 2018/01/20(土) - 2018/03/31(土)
参加費 一般430円、65歳以上・高大生330円
駐車場 あり
主催 大阪府立弥生文化博物館

一覧に戻る